バストアップとダイエット、両立するためのヒント 食事編

ダイエットとバストアップを両立するなら、過度な食事制限は控え、低カロリー高タンパクの食事を心がけましょう。ダイエットをバストアップを同時に成功させるために、特におすすめの食材を紹介します。

バストアップを目指しながらのダイエットは、難しいですが決して不可能ではありません。
そのためには、日々の食事から見直す必要があります。

高カロリーな食事や糖分の多い食べ物はもちろんNGですが、過度な食事制限もよくありません。
栄養が足りていないとバストにも栄養が届かなくなり、サイズダウンを招いてしまいます。
なるべく低カロリー高タンパクの食事を目指しましょう。

タンパク質は筋肉や血液、皮膚、内臓など、あらゆる組織のもととなる栄養素です。
鶏のササミや赤身の肉、魚、卵などの食材は、タンパク質が多く含まれているうえに脂肪分が少ないので、ダイエットにおすすめです。

乳製品も高タンパクながら糖質は少なく、ダイエット中の食事に適しています。
ただし、牛乳には乳糖という糖質が含まれているので、日常的に飲むなら牛乳よりも豆乳が良いでしょう。

豆乳をはじめとした大豆製品にはタンパク質が多く含まれています。
さらに、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持ち、バストアップに効果的です。
食物繊維を豊富に含む食材でもあるので、腸内環境を整え、代謝を上げる効果も期待できます。

キャベツに含まれるボロンという成分も、やはり女性ホルモンに似た作用をもたらします。
キャベツは高タンパクの食材ではありませんが、含まれる糖質も少なく、ダイエットの邪魔をしません。

いずれも手軽に手に入る食材なので、毎日の食事にぜひ取り入れてみてくださいね。

 

バストアップとダイエット、両立するためのヒント エクササイズ編

バストアップとダイエットを同時進行するには、日々の食事を見直したりサプリを取り入れたりすることも大切ですが、運動も非常に重要な要素です。

しかし、ランニングや水泳など、激しい運動は必要ありません。
脂肪を燃焼させるには効果的ですが、激しい運動によりバストを支えるクーパー靭帯を傷めてしまうと、バストの下垂や型崩れを招いてしまいます。

そこで、バストアップをはかりつつダイエットにも効果的なエクササイズを紹介します。

・大胸筋を鍛えるエクササイズ

大胸筋はバストを支える土台のような筋肉です。
ここを鍛えることでバストアップを狙えるうえに、バストの型崩れを防ぐことも可能です。
方法は非常に簡単です。
  1. まずは背筋を伸ばし、胸の前で両手を合わせてください。
  2.  胸の上部、デコルテの辺りに力をこめ、肘を横に突っ張ったまま両手を強く押します。
  3.  そのまま両手を顔の高さまで上げ、5秒キープしてください。
  4.  5秒経ったら手をゆっくりと下げ、今度はおへその高さで5秒キープします。
ここまでを1セットとして、一日2セット行ってください。
時間がかからないうえに激しく動く必要もないので、外に出たりジムに行ったりする必要もなく、お部屋の中で出来ちゃいます。

・骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

骨盤底筋は子宮や膀胱など、下半身の臓器を支える筋肉です。
この筋肉を鍛えると下半身太りを防げるほか、子宮まわりの血行を改善しホルモンバランスを整える効果も期待できます。
こちらも自宅で簡単にできるエクササイズです。
  1.  まずは椅子に腰かけ、背筋を伸ばします。
  2.  股の間に丸めたバスタオルを挟み、深くゆっくりと腹式呼吸をしましょう。
    この時、息を吸いながら5秒ほどかけてゆっくりと太ももの内側に力を入れます。
  3.  一度息を止め、5秒間同じ姿勢をキープしましょう。
    この時、膣や肛門の筋肉も引き締めるよう意識してくださいね。
  4.  今度は5秒かけて息を吐きつつ、ゆっくりと力を緩めます。
10回1セットとし、1日5セットを目安に行いましょう。

豆乳の効果がすごいんです!バストアップにもダイエットにもGood♪

豆乳はバストアップにもダイエットにも効果的な食材です。タンパク質が豊富で糖質が少ないうえ、イソフラボンという女性ホルモンに似た成分も含まれています。コンビニやスーバーで手軽に購入できるのも魅力です。

バストアップに効果的な食べ物というと、皆さんは何を思い浮かべますか?
有名なのは豆乳や納豆などの大豆製品ですね。
特に豆乳はコンビニなどでも買える手軽さが魅力です。
実は、豆乳はダイエットとバストアップ、どちらにも効果的なんです。

・大豆はタンパク質が豊富

ダイエットの時は、基礎代謝量を増やすために筋肉をつけようとしますよね。
筋肉は運動するだけでなく、筋肉のもととなるタンパク質をとらなければ増えません。
そしてバストアップを狙う時にも、組織を作るもととなるタンパク質が欠かせません。
つまり、バストアップとダイエットを両立させるには、タンパク質を積極的にとる必要があります。
肉や魚などからもタンパク質は摂れますが、動物性タンパク質は血をドロドロにする性質もあります。
一方、大豆に含まれる植物性タンパク質は血液の流れを阻害しません。
血行を良くすることは、ダイエットにもバストアップにも重要な要素です。

・糖質が少ない

そもそも太ってしまう原因は、脂質よりも糖質にあります。
糖質制限ダイエットというものがあるように、糖質さえ控えていれば、脂質はお腹いっぱい食べても肥満には繋がらないんです。
豆乳は糖分が少ないうえにタンパク質の補給も出来る、優秀な食材なんです。

・イソフラボンはバストアップに効果的

大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。
イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ、女性ホルモンに似た作用をもたらします。
胸を大きくしたり、女性らしいふっくらとしたボディラインを作る効果が期待できることから、バストアップのサプリにも含まれているんですよ。
豆乳はそのまま飲むのはもちろん、料理に使ったり、工夫次第でさまざまな場面で活用できます。
ぜひ日頃の食事に豆乳を取り入れてみてください。

納豆もバストアップとダイエットの両立には最適な食材です>>

 

みんなの美味しい豆乳の飲み方紹介します。

豆乳が体にいいのは知ってるけど、あの独特の風味が苦手・・・という方もいるのではないでしょうか。
豆乳は他の飲み物と割ることで、苦手な人でもゴクゴク飲めちゃうくらいおいしいドリンクに変わるんです。
そこで、豆乳が苦手な人におすすめの飲み方を紹介します。

・豆乳とインスタントコーヒーで豆乳ラテ

カフェでも定番のドリンクとして人気の豆乳ラテ。
豆乳とインスタントコーヒーがあれば、自宅で簡単に再現できちゃうんです。
作り方はとっても簡単で、お湯で解いたインスタントコーヒーを豆乳に混ぜるだけ。
コーヒーの濃さはお好みで調整してください。
砂糖を入れなくてもほんのり甘くて、ホットでもアイスでもおいしいですよ。

・お好みのフルーツビネガーと割って

数年前からブームになっているフルーツビネガー。
健康にいいと評判で、コンビニや自販機でもフルーツビネガー入りのドリンクがたくさん売っています。
リンゴ酢やブルーベリー黒酢もフルーツビネガーの一種です。
実はフルーツビネガーと豆乳は相性の良い組み合わせなんです。
あっさりしたフルーツビネガーが、豆乳と混ぜることでとろとろしたヨーグルトのようなドリンクになります。
お腹に溜まりやすいので、朝食代わりや食欲のない時にもオススメです。

・甘酒の豆乳割り

飲む点滴とも言われるほど栄養豊富で、美容にも良いと人気の甘酒ですが、実はバストアップ効果も期待できるんです。
甘酒に含まれる豊富な栄養素が、バストアップのお手伝いをしてくれます。
温かい甘酒なら血行促進の作用もあり、さらに効果的です。
豆乳と混ぜると、甘酒が豆乳独特の風味をやわらげてくれるので、ぐっと飲みやすくなります。
甘酒が好きな方は、ぜひ一度試してみてください。

バストアップにもダイエットに良い納豆は女子の味方です!

納豆はバストアップ効果だけでなく、ダイエットにも効果が期待できます。イソフラボンや植物性タンパク質がバストアップを促し、さらに酵素や乳酸菌、ナットウキナーゼなどの成分が、腸内環境を整えダイエットをサポートします。

バストアップに効果的な食べ物と言えば、やはり大豆製品です。
特に納豆は、ダイエットにも効果的なんですよ。
豆腐や油揚げ、味噌など、さまざまな大豆製品がある中、どうして納豆がオススメなのか?
その理由を説明します。

・植物性エストロゲン「イソフラボン」

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることから、植物性エストロゲンの一種とされています。
バストアップサプリにも含まれる成分です。
サプリは副作用が心配・・・という方でも、食品から摂取するくらいの量なら副作用の危険もないので、安心して食べられますね。

・タンパク質をはじめとした栄養分が豊富

大豆には植物性タンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は組織や細胞を作るもととなる成分なので、ダイエットにもバストアップにも欠かせない栄養素です。
さらに、納豆は発酵食品なので、乳酸菌や酵素も豊富に含まれています。

・発酵食品ならではの効果

発酵食品は豊富な乳酸菌を含むことから、整腸効果が期待できます。
腸内環境が整うと体の中の毒素や老廃物をスムーズに排出できるようになり、代謝も上がります。
また、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という成分は、血液をサラサラにし、血行を促す効果が期待できるんです。

バストアップとダイエットが両立できるサプリ>>

 

食べ方が大事です!納豆のバストアップ効果をアップさせる方法。

ダイエットとバストアップを同時に狙うなら、納豆はとても優秀な食材です。
毎日の食事に取り入れるだけでも、もちろん効果は期待できますが、食べ方をちょっと工夫するだけで、納豆のバストアップ効果を最大限に発揮できます。

・食べるタイミングは夕食がオススメ

納豆を食事に取り入れるなら、朝食や昼食よりも、夕食がオススメです。
日中に納豆を食べてしまうと、せっかく取り入れた栄養素が体を動かすためのエネルギーとして消費されてしまい、バストまで回りません。
夜に食べることで、眠っている間に納豆の栄養素が胸までしっかりと行き届き、さらなるバストアップ効果が期待できます。

・なるべく加熱せずに食べる

納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれており、タンパク質を吸収しやすくしたり、血液をサラサラにしたりする作用があります。
しかし、ナットウキナーゼは熱に弱く、70℃以上加熱すると破壊されてしまうんです。
できればそのまま食べるか、料理の仕上げに加えるなど、加熱しない工夫をしましょう。

・根気よく継続して食べる

ダイエットもバストアップも、納豆を食べたからと言ってすぐに成功するわけではありません。
毎日続けて食べることで、ようやく効果を発揮します。
納豆は安価で手軽で手に入り、アレンジも効く食材です。
無理なく食べ続けられるよう、自分なりに工夫することも大切です。

バストアップサプリはどうして太ると言われているの?

プエラリアには胸だけでなく、体全体に脂肪がつきやすくなる作用があります。そのため、プエラリアを飲み始めてから太りやすくなったと感じる人もいます。運動やリンパマッサージを取り入れることで肥満を抑えられます。

バストアップサプリの口コミについて調べていると「胸だけじゃなくて全体的に太った・・・」という感想をよく目にします。
実は、こうした体形の変化は、バストアップサプリに含まれる「プエラリア」という成分が関係しているんです。

プエラリアには女性ホルモンに似た成分が含まれており、バストアップだけでなく生理不順を改善する効果も期待できます。
女性ホルモンには体つきを女性らしくふっくらとさせる作用もあり、それがバストアップにつながるんです。

しかし、体に脂肪をつきやすくするということは、胸だけではなくお尻や腰回りの肉付きもよくなる場合があります。
そのため、太ったように感じられてしまうんです。

ただ、バストの9割は脂肪で出来ているので、サイズアップを狙うにはどうしても体に脂肪をつける必要があります。
腰回りや太ももなどに余分な脂肪をつけたくない場合は、適度な運動やリンパマッサージを取り入れるのも効果的です。

プエラリアにはホルモンバランスを整える作用もあるので、不要な水分や老廃物を溜めない工夫をすればむくみも起きにくくなります。
また、ターンオーバーも活性化され、肌の調子がよくなる効果も期待できます。
プエラリアを飲みながら生活習慣にも気を使っている人の中には、太るどころか痩せたという人も少なくないんです。
プエラリアと上手にお付き合いできるよう、自分に合った飲み方を工夫してみてくださいね。

 

バストアップサプリを飲むと太るって本当!?口コミ紹介します。

実際にバストアップサプリを飲んで太ったと感じた人はどれくらいいるのでしょうか?

「個人的には飲んで良かったと思っています。
バストだけが大きくなったというより、体全体がふっくらしたような感じがします。
太るというより、女性らしい体つきになったのかな?」

「二人の子育てを経験し、バストの形が崩れてきたのが気になって、サプリを試してみました。
劇的にバストアップ・・・とはいかなかったけど、少しハリが出てきました。
プエラリアの作用なのか、太りやすくなった気もします。
特に腰回りは、ちょっとふっくらしてきたかも・・・。
それでも肌はきれいになったし、良い作用の方が多かったので、もう少し続けてみます。」

「バストアップのためにサプリを使い始めて1カ月。
確かに胸は大きくなったけど、同時に体全体が太ったような・・・。
食事の量を減らして、運動もしているのに、痩せる気配はありません。
このまま飲み続けたら、もっと太ってしまうのでしょうか?」

「バストが足りなくて服が格好よく着られないのが悩みです。
バストアップを期待してサプリを飲みはじめたものの、なぜか胸ではなくお尻にばかり肉がついています。。
サプリの影響で太るという話も聞いたことはあるけど、お尻だけが大きくなるなんてことがあるのかな・・・?」

口コミを調べた結果、バストアップサプリを飲んで、太ったと感じている人の数はそれほど多くはありませんでした。
太ったというよりも、胸やお尻にハリが出たと感じている人や、女性らしい体つきになったと感じている人の方が多く見られました。
体にどのような影響が出るかは個人差があり、バストアップサプリを飲んだからと言って必ずしも太るわけではないようです。

納豆が苦手でも大丈夫!美味しい食べ方紹介します。

納豆の独特なニオイや食感が苦手という人でも、食べ方次第でニオイを気にせず食べられるようになります。発酵食品と混ぜたりドレッシングやソースを加えたり、味の濃い薬味を入れたり、様々なアレンジの方法を紹介します。

納豆は独特のニオイや食感から、好き嫌いの分かれる食材です。
体にいいことは知っていても、どうしてもニオイがムリ!という方も多いのではないでしょうか?
納豆は食べ方次第で、ある程度ニオイを抑えることも出来るんです。

・発酵食品と混ぜる

キムチや野沢菜などの発酵食品と混ぜると、納豆のニオイがある程度中和されます。
漬物に混ぜ込むだけで、複雑な調理もいらないので、おかずに一品加えたい時などにもオススメです。

・ドレッシングやソース、オイルを加える

自分の好きな味のドレッシングやオイルを足したら、納豆が食べられるようになったという人も多いんです。
ポン酢やマヨネーズ、ゴマ油もオリーブオイルなど、独特の風味があるものでも、納豆とマッチするんです。
さらに黒コショウなど好みのスパイスを加えると、味に深みが出ます。
ごはんにかけるのはもちろん、パスタに加えて納豆パスタにしてもおいしく食べられます。

・味やニオイが濃い薬味を入れる

梅干しやニンニク、しょうが、ネギ、しそなど、納豆以上に味とニオイが濃いものを薬味として入れてみるのも、一つの方法です。
特にニンニクやネギ類に含まれる硫化アリルは、納豆のニオイを消す作用があります。
ビタミンの吸収を助ける効果もあるので、ニオイを消したい時だけでなく、味に変化をつけたい時など、あらゆる場面で積極的に加えてみてくださいね。

なぜダイエットしようとすると胸まで痩せちゃうの?>>

納豆が苦手な方のために、簡単で美味しく食べられる納豆レシピ。

ダイエットやバストアップのために、何とか納豆嫌いを克服したい・・・。
そんな方のために、納豆が苦手な人でも簡単においしく食べられる、おすすめのレシピを紹介します。

・納豆キムチ

キムチにお好みの量の納豆を混ぜるだけのお手軽料理です。
そのまま食べるのはもちろん、温泉卵を加えたり、豚丼やカルビ丼に添えるのもオススメです。

・納豆入りお好み焼き

お家で作るお好み焼きにひと手間加えるだけで、簡単に納豆入りお好み焼きができます。
ポイントはキャベツやお肉など、お好み焼きの材料を先に炒めておくことです。
フライパンやホットプレートに解いた卵を入れ、炒めた具材と納豆を入れ、オムレツのように包みます。
お好みでソースやマヨネーズ、ネギなどの薬味を加えたら完成です。
納豆は熱を加えすぎると、納豆に含まれるナットウキナーゼという成分が壊れてしまうので、具材と一緒に傷めずに後から加えましょう。

・イカ納豆

お寿司屋さんなどでも時々目にするメニューですね。
特に魚介類が好きな人にオススメしたい料理です。
作り方はイカソーメンに納豆と卵黄を乗せるだけ。
お好みでオクラやネギ、しょうゆなどをかけても、おいしく食べられます。
先程紹介したキムチ納豆とも相性の良いので、ぜひ試してみてください。

バストアップとダイエットが両立できない理由

ダイエットをするとバストサイズが減ってしまうのには、いくつかの理由があります。特に激しい運動や食事制限によるダイエットはバストを小さくするだけでなく、バストの下垂や型崩れを招くので注意しましょう。

理想のボディラインを手に入れるために、痩せたいけれどバストは落としたくない!と考えるのは自然なことですよね。
ところが、ダイエットをするとかなりの確率でバストもサイズダウンしてしまいます。
バストアップとダイエットを両立することは果たして不可能なのでしょうか?

そもそも、なぜダイエットをすると、バストから真っ先に痩せてしまうのでしょう。
実はいくつか、考えられる理由があるんです。

・胸の脂肪は優先的に燃焼される

たとえばお腹周りの脂肪は、子宮など大事な器官を守る物理的な壁になるため、ダイエットをしてもなかなか落ちません。
一方、胸の脂肪はなくなっても生命維持にはあまり関係がないため、優先的に燃焼されてしまうんです。

・温まった脂肪は燃焼されやすい

痩せるためにはお風呂にゆっくり浸かったり、温かい飲み物や食べ物を摂ったり、とにかく体を温めることが推奨されますよね。
これは、血行を良くしたり代謝を上げたりするためだけでなく、温められた脂肪が燃焼されやすくなることから言われているんです。
バストは心臓に近い場所にある上、常に下着や服に包まれていますよね。
そのため、手足など末端の部分や露出している部分に比べると温かく、脂肪も燃焼されやすいんです。

・激しい運動によるダイエットや食事制限には要注意!

適度な運動やバランスの取れた食事は、ダイエットにもちろん効果的ですが、やりすぎは禁物です。
脂肪を燃焼させたいからと激しい運動をすると、当然バストも揺れます。
すると、胸を支えているクーパー人体が伸びたり千切れたりして、バストが垂れてしまいます。
結果、脂肪は減っていないのに、バストサイズが小さくなったように見えてしまうんです。
また、食事を厳しく制限しすぎると、胸まで栄養が届かなくなり、やはりバストの成長を阻害してしまいます。

バストアップとダイエットを両立させるおすすめ食材があります>>

 

ダイエットしつつバストはキープできちゃう方法とは?

ダイエットとバストアップの両立は難しくても、せめて今のサイズを維持したままダイエットができたら・・・。
サイズダウンを防ぎつつ、落としたい脂肪だけを落とす方法なんてあるのでしょうか?
実は、食事やトレーニングの方法次第では、バストをキープしたままダイエットが可能なんです。

・大胸筋と骨盤底筋を鍛える

大胸筋はバストを支える土台のようなものです。
ここを鍛えれば、バストの型崩れを防ぎ、ハリのあるバストをキープできます。
同時に骨盤底筋を鍛えれば、さらなる効果が見込めます。
骨盤底筋は子宮や膀胱など、下半身の臓器を支える筋肉です。
この筋肉を鍛えると、下半身の脂肪が燃焼されやすくなるだけでなく、子宮周りの血行も良くなります。
子宮に十分な栄養や血液が通うことによりホルモンバランスが整い、バストアップ効果も期待できるんです。

・バストの成長に必要な栄養を摂取する

食事のバランスを見直すことは、ダイエットはもちろんバストアップにも効果的です。
高カロリーな食事や糖質の多い食事を控えるだけでなく、バストに必要な栄養はしっかりと摂取しましょう。
筋肉や血液、体のあらゆる組織を作るもととなるタンパク質は積極的に摂るべきです。
豆乳や豆腐などの大豆製品は、女性ホルモンと似た作用を持つイソフラボンと植物性タンパク質を同時に含むので特におすすめです。